愛人契約というのは、既婚男性が、デートやセックスをする女性にお金を払うというのが一般的ですよね。実は、この逆で「逆愛人契約」というものがあるのです。逆愛人契約について詳しく紹介します。

逆愛人契約って何?

その名のとおり、愛人契約の男女の立場が逆転している契約のことです。女性が、デートやセックスをしてくれる男性にお金を払うという仕組みですね。愛人契約の男性は既婚者がほとんどですが、逆愛人契約は既婚者の女性だけでなく、独身女性も多いので、逆援助交際とも呼ばれることもあります。

最近は、女性の社会進出が進んでいるので、お金をもっている女性が増えてきています。最近は女性のなかにも、愛人契約を結ぶ男性の思考と同じように、夫以外の男性をお金で囲いたいという欲求を持っている人が増えてきているようです。他にも、恋愛や結婚には興味がないけれど、性欲だけは発散させたいと考える女性もいるようですね。

主導権は、当然お金を支払う側の女性にありますから、お金を受け取る側の男性は女性に従順に従わなくてはいけません。女性が男性よりも強くなってきている現代ならではという感じがしますよね。

逆愛人契約ってどんな人がするの?

愛人契約をする男性と同じように、経済力のある女性にしかできません。男性に毎月お手当てを与えられるということは、女性個人に安定した収入があるか、相当な資産があるということになります。

ですから、逆愛人契約をする女性の特徴としては、バリバリ働いて年収も高い独身の女性や、独身貴族で年齢を重ねて貯金もたくさん持っている熟女、自身は仕事をしていないけれど、夫が資産家で、自由に使えるお金がたくさんあるセレブ女性といったところでしょうか。男性のように、お金がなくても愛人を作りたいという女性は少ないようです。

逆愛人契約を狙っている男性も多い

最近は、男性と女性の立場が入れ替わることも多く、逆愛人契約をしたいと思っている女性が増えるにつれて、逆愛人契約をしたいと思っている男性も次第に増えているようです。女性にお小遣いをもらってセックスやデートをするということを望む男性が増えているというのは、今の時代を反映しているようですよね。

逆愛人契約を結ぶ女性は、気が強く自分に自信のあるタイプの女性が多いので、相手に選ばれる男性は、なんでもいうことを聞く、かわいい系のタイプが多い傾向にあるようです。逆愛人契約を狙うなら、かわいい系で攻めたら、声がかかるかもしれませんよ。