愛人契約は、既婚者男性が独身女性と結ぶのが一般的です。ですが、独身男性が独身女性と契約をすることもあるのですよ。その場合、男性に奥さんがいないので不貞行為にならないというメリットがあります。18歳以上であれば、法律違反にもなりませんし、何の問題もありません。愛人という関係を安全に続ける一番の方法は、お互いに未婚であることなのかもしれませんね。

未婚同士の愛人契約ってどんな男性が求めるの?

既婚者男性が妻以外の女性と関係を持ちたくて、契約を持ちかけるのが基本ではありますが、世の中にはいろいろな男性がいるようです。結婚や恋愛は束縛されたり、自由が利かなくなったりするからしたくないというポリシーを持っている人もいますよね。

でも、そういう人も、性欲がないわけではありませんから、女遊びはしたいのです。風俗などを利用するのではなく、もっと濃厚な関係を結びたいと考える独身男性が、愛人を作ろうと考えるようです。

真面目な交際ではなく、割り切った付き合いが目的である場合、実生活で相手を見つけるのは難しい部分がありますよね。女性との出会いの場がなかなかないという人も多いと思います。だから、独身男性も、既婚男性と同じように、インターネットで相手を探すことが多いようです。

独身男性が愛人契約を結ぶメリットは?

男性は、女性への支配欲が少なからずあるものです。また、自分の稼いだお金で女性を囲うという状況が、達成感のような満ち足りた感情を与えてくれるということもあります。

さらに、普段は引っ込み思案な男性でも、お金を払っているという理由があることで、遠慮せずに好きなように女性を楽しめるというメリットもあります。恋人同士に起こりがちなケンカや束縛などの面倒な面もありませんから、割り切った付き合いをしたい人にとって愛人契約はとてもメリットが大きいのです。

独身男性は当然結婚していないわけですから、実家暮らしか一人暮らしをしていることが多いです。恋愛や結婚は面倒だけれど孤独を感じていないわけではないでしょう。愛人を作れば同じ女性と定期的に会うことができますから、孤独感も満たしてくれるはずですよ。

うれしい魅力がいっぱいの未婚同士の愛人契約

不貞行為にならず、法律に違反することがなく、お互いの目的を満たすことのできる未婚同士の愛人契約はメリットがいっぱいです。でも、愛人契約をしようと思う独身の男性が少ないので、未婚同士で愛人契約を結ぶのはかなり難しいといえます。