愛人契約を結ぶと、その手当として毎月一定の収入が入ってくるようになりますよね。一年間のトータルで考えると結構高額になることも多いと思います。そこで気になるのが税金のこと。もらったお手当てについては税金を支払う義務はあるのでしょうか?また、どんな税金になるのでしょうか。愛人契約と納税について詳しく紹介していきます。

お手当ては、所得税ではなく贈与税がかかる

毎月お手当てをもらっていると、一種のビジネスのような感覚になるので、所得税が必要になるのではと思う人も多いかと思います。しかし、愛人契約は法的には無効なので、愛人契約で発生した収入については、報酬や給料という捉え方は税法上ではされません。ですから、所得税を支払う義務はありません。

では、高額のお手当てをもらっていても、税金がかからないのかというと、そうではありません。お手当ては個人の行為によって贈与されたお金とみなされるので、贈与税がかかります。贈与税は、一年間に110万円の控除額がありますから、110万円を超えない場合は確定申告する必要はありませんが、愛人契約を長期で行っている場合は110万円を簡単に超えてしまうことも多いようです。

確定申告をする人は少ないのが現状

しかしながら、愛人契約でもらったお金について、確定申告をして納税している人は少ないのが現状でもあります。愛人契約は法的な根拠がないので、税金を支払わなくてもばれないケースが多いため、申告しない人のほうが多いようです。

特に、現金でお手当てを受け取っている場合は、口座から調べられることもありませんから、受け取っていることすらもばれようがないという状況です。税務署にばれないなら税金は払わなくてもいいと思う人は多いのではないでしょうか。

確定申告をしなくても大丈夫?

愛人契約を結んでいる男性は資産家が多く、お手当てとして渡したお金は資産のうち大した額にはなりませんから、問題とされることも少なく、お金をもらった側が申告をしなくてもばれる可能性は低いといえます。

お手当てとはいえ、それなりの現金をもらっているということで、納税義務はあります。義務があるのに納めないのはモラル的に許せないという人は、きちんと納税するといいでしょう。ただし、お手当てにかかる税金については、義務を全うする人よりも、免れている人のほうが多いということです。自己責任の上、申告するかどうか決めましょう。