よくあるトラブルとして、相手とデートしたり、セックスしたりしたのに、お金がもらえなかったというものがあります。もしお金がもらえなかった場合は、法的に請求することができるからと安心していませんか?この記事では、実際に請求できるかどうかを紹介していきます。

契約を交わしたのにお金をもらえなかった場合はどうしたらいいの?

デートやセックスをしてもお金がもらえなかった場合、契約違反となるので訴えることができると思っている女性も多いと思います。ですが、愛人契約は法的には認められていないというのが現実です。どんなにしっかり文書に起こして、それらしい契約を結んでいたとしても、何かトラブルに陥った時に守ってくれる法律はなにもありません。

愛人契約というのは公序良俗に違反する行為ですから、契約に基づく支払いが得られなくても無効とされてしまい、相手に支払い義務が課せられることはありません。もちろん、個人的に支払いを請求することは可能ですが、訴訟を起こして取り立てようとしても、成功率は低いといえます。

愛人契約を結ぶ時に気を付けたいこと

契約という名前がついていますが、法的には無効とされるものだということをしっかり知っておきましょう。「契約を結んだのだから、違反されても大丈夫」と安心しきってしまわないように気を付けてください。愛人契約は、既婚男性と、お金を受け取る女性と一対一で結ばれるものです。ただし、お互いにそれを守る義務はなく、いわゆる「とんずら」をしたとしても、法的に罰することはできないのです。

ですから、契約を結ぶ時には、相手が信用できる相手で、きちんとお金を払ってくれそうかどうかを事前にきちんと確認する必要があります。お金をもらうためにセックスをしたのに一円もらえなかったなんてことにならないように、相手は慎重に選びましょう。

また、振り込みでの支払いにはしないようにするべきでしょう。あとで振り込むと言われても振り込まれない可能性があるので、前払いにしてもらうか、直接現金でもらうなどの工夫をした方が確実だといえます。

法的な保護を受けられない!

愛人契約は、法的な保護を全く受けられないものであるということを覚えておいてください。どちらか一方が違反しても、結局のところ違反された方は泣き寝入りするしかないのが現状です。

痛い目を見ないためにも、お金の受け渡し方法などを、事前にしっかり確認しておくことが必要です。