愛人を作りたいと願っている男性は少なくないと思います。結婚して生涯を誓ったパートナーがいても、他の女性にも癒しを求めるのは、残念ですが当たり前のことです。でも、実際に契約を結ぶことができる人は、ごくわずか。ほんの一握りだけです。

それはいったいなぜでしょうか。男性に必要なことはどんなことなのか、紹介していきたいと思います。

社会的地位が高いこと

作る資格のある男性は、昔は年収5000万円以上だといわれていました。現在は不景気ということもあって、年収がそこまで高くなくても愛人を作る人も大勢いますが、やはりある程度の社会的地位と経済力がないと、継続的に契約を続けることは難しいでしょう。

また、社会的地位が高ければ高いほど、愛人の一人や二人がいても、おかしくないという常識があります。家族や周囲からバッシングされることも少なく、黙認されることがほとんどです。家族人生を守るだけの収入にプラスして、愛人を囲う収入が必要だということで、昔ほどではありませんが愛人になる資格のある男性は、社長職や医者弁護士など、一部の職業の人に限定されそうですね。

気前が良いこと

経済力だけがあればよいというものではありません。経済力ももちろん大切ですが、年収が高いくせにケチであれば、愛人契約を結ぼうとは思えませんよね。お金に困ってはいないのに出し惜しみをするような男性は、印象も良くないし需要もありません。愛人を作るためには、「気前が良い」と女性に思わせることが大切です。

包容力があること

経済力がよく気前もよい男性は、女性から見ると、包容力もしっかり感じると思います。包容力のある人とだったら、一緒にいて安心ですよね。女性のことを大きな包容力で包み込んであげられる人なのであれば、愛人を作ることができるかもしれませんね。

清潔感のある外見

契約を結ぶ時、女性は常に受け身だから相手は選ばない、というわけでもありません。愛人になったら、当然体の関係を持つことになりますから、見た目の印象もとても大切なポイントですよね。

決して、イケメンでなくては作れないということではありません。よほど顔が悪くなければ、清潔感があれば大丈夫であることが多いです。体の関係を持ちますから、女性にとっては病気の心配も大きいのです。清潔さがあるかどうかは、非常に重要なポイントと言えるでしょう。

どんなにおしゃれなファッションをしていても、髪がぼさぼさだったり爪が長かったり清潔感がなかったら、エッチしたいとは思いません。愛人を作りたいなら、いつも清潔感あふれる状態でいられるように気を付けましょう。

愛人を作りたい男性に必要なことをチェック!

どうしたら「契約をこの人と結びたい」と女性に思ってもらえるかをしっかりと考えて、必要な要素を備えられるようにしましょう。どれかひとつでも欠けてしまうと、少し不利になってしまうかもしれません。バランスよくクリアできるように頑張ってみてくださいね。