男性が愛人にしたい女性の特徴って気になりますよね。どういったものが特徴なのか、詳しく紹介していきたいと思います。

相手の都合に合わせることができる

愛人契約を結ぶ時には、相手の男性には奥さんがいるというのが一般的なケースです。ですから、わがままだったり、自分の気持ちを前面に出したりしてしまうと困らせることになりますよね。男性は、本気で恋愛をする相手を探しているのではなく、お金を支払って体の関係を持つ相手を求めていることがほとんどですから、自分の気持ちを表に出しすぎる人は、愛人には向いていません。

上手な関係を築くためには、常に受け身でいることが大切です。連絡を取る時も、デートする日時も、デートに費やす時間も、すべて男性の都合に柔軟な態度で合わせられる女性を求めています。特に電話やメールは家庭を壊してしまいかねないので、注意が必要ですよね。自分の平和な家庭を崩すリスクの少ない人を求めるのは当然のことです。

相手に依存しない

女性は恋愛をすると、依存しやすいですよね。でも、依存しやすい人は、男女問わず愛人には不向きです。男性が求めているのは、依存しない、割り切った付き合いができる人です。一緒にいる時間は全力で楽しみますが、立場をわきまえて、依存せず、甘えたりわがままを言ったりしない女性が、契約を結ぶ相手に求められているのです。

秘密をしっかり守る

契約を結ぶにあたって、とても大切なのが秘密をしっかり守ることができるかどうかです。口が軽い女性だと、どこで関係が明るみになってしまうかわかりませんよね。口が堅くて二人の関係を秘密にできる人を愛人にしたいと、男性は思っています。

好きになるととことん尽くす

尽くすタイプの女性は、粘着質で、割り切った付き合いには不向きというイメージを持っている人もいるかもしれませんが、実はそんなことはありません。尽くすタイプの人は、相手を喜ばせることが自分の幸せになりますから、男性の嫌がることは一切しません。連絡をするなといえばしませんし、秘密を守れと言われればしっかり守ります。悪い言い方をすると、言いなりです。

さらに、自分にできる限りのことをしてあげようと一生懸命考えますから、男性にとっても都合がよく、かわいいと思える存在にもなるようです。

愚痴を聞いてあげる

既婚男性は、家庭ではあまり弱音を吐きません。一家の大黒柱としてしっかりしなくてはいけないという意識が強く働くからです。でも、時にはだれかに愚痴を聞いてもらったり、弱音を吐きたくなったりすることもありますよね。そういった愚痴や弱音を聞いてあげることのできる聞き上手な人は、愛人という存在になりやすいのです。

愛人になりやすい女性の特徴をチェック!

男性が求める特徴を押さえておけば、契約も結びやすくなりますし、お手当てアップにも繋がるのでいいこと尽くしです。愛人契約を結びたいという女性は、意識しておいた方がいいかもしれませんね。